トップページへ
シルバー
チャイルド
給食業務の衛生管理は新鮮で清潔な食品を購入し、衛生的な環境で、衛生的な取り扱いとともに、衛生的に調理され、喫食者のところへ衛生的に運ばれ、清潔な環境のもとで喫食されることであります。
当社では、これらの給食サービス全般の業務について、HACCPの理念を取り入れた衛生管理マニュアルを作成し、これを実践することにより食中毒予防の万全を期します。
コンプライアンス活動を効果的に運営するための組織体制を確立します。
すべての役員及び社員がコンプライアンスの必要性・重要性を認識し、リーガルマインドの醸成に努めます。
不祥事等が発覚した際、予め定めた対応手順を踏まえた適切な処置を通じて、被害を最小限にとどめると共に再発防止に努めます。
メディッシュフードサービスで、HACCPの概念に基づいたチェック記録を行い、毎日点検させています。また、本部指導員が抜き打ちで巡回し指導・教育を行います。社内だけの衛生管理にとどまらず外部の専門業者に衛生検査を委託する等、衛生管理の徹底に努めております。
要・不要品を区別し、必要品はまとめて保管。物の流れが停滞しないように管理する。
必要な物は必要な時にすぐ取り出せるよう物の表示、保管場所の特定、明示をする。
ゴミ・汚れを取り除き、
異物混入のないようにする。
絶えずきれいな状態を保ち、保清管理する。
決められたことを規範化し、
ルールとして身につける。